アニメ漫画

アニメ漫画

【訃報】漫画家・三浦建太郎さんが死去 54歳 『ベルセルク』など

1:ショルダーアームブリーカー(埼玉県) [ES]ID:Z7Xl+TW+0●
5/20(木) 12:04
オリコン
漫画家・三浦建太郎さんが死去 54歳 『ベルセルク』など
三浦建太郎さんの代表作『ベルセルク』
 漫画『ベルセルク』など執筆した漫画家の三浦建太郎さんが5月6日午後2時48分、
急性大動脈解離のため亡くなった。54歳。20日、白泉社が公式サイトで訃報を伝えた。

漫画家・三浦建太郎さんが死去 54歳 『ベルセルク』『ドゥルアンキ』など(オリコン) - Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1621480512/

アニメ漫画

【聖闘士星矢】あなたが最強だと思う「黄金聖闘士」の必殺技は?

1:首都圏の虎 ★ID:CAP_USER9
車田正美さんの代表作品『聖闘士星矢』。2020年9月にサービス開始したスマホゲーム「聖闘士星矢 ライジングコスモ」は、全世界で3000万ダウンロードを突破するなど、現在も根強い人気を誇る作品です。
 作品に登場する数々の聖闘士の中で、最上級に属する12人の「黄金聖闘士(ゴールドセイント)」は、ギリシアの聖域(サンクチュアリ)にあるアテナ神殿に至る唯一の道を守護しており、全員が超人的な能力と技を秘めています。
 今回の記事では、数ある黄金聖闘士の必殺技の中から、4種の必殺技を紹介します。
●アナザーディメンション
 「アナザーディメンション」は、双子座(ジェミニ)のサガとカノンの使用技。名前のとおり、相手を異次元(another dimension)空間へと強制的に転送する技です。敵を葬り去るだけでなく、アニメ「黄金魂 -soul of gold-」では敵の攻撃から逃げる際にも使用しました。
●ライトニングボルト
 「ライトニングボルト」は、獅子座(レオ)のアイオリアの必殺技。小宇宙による特殊攻撃ではなく、大きな球状の拳圧を光速で叩き込む打撃技です。高速の打撃は聖闘士としての王道の闘法とされ、アイオリアはその正々堂々ぶりから「猛き獅子の勇者」とも呼ばれています。
●天舞宝輪
 「天舞宝輪」は、乙女座(バルゴ)のシャカの最大奥義。異空間を展開して相手を引き込み、その五感をひとつずつ奪っていくという無慈悲な技です。基本的に捕われたら脱出することはできず、仮に破れたとしても、奪われた五感は戻りません。
●オーロラエクスキューション
 「オーロラエクスキューション」は、水瓶座(アクエリアス)のカミュの奥義。両手を組んで水瓶の形を成し、その注ぎ口にあたる拳先から絶対零度に近い冷気を放ちます。カミュは弟子である白鳥星座の氷河と宝瓶宮で戦い、この技を体得した氷河により倒されます。
 以上、黄金聖闘士の4種の必殺技を紹介しました。あなたが最強だと思う「黄金聖闘士」の必殺技はどれでしょうか?
【聖闘士星矢】あなたが最強だと思う「黄金聖闘士」の必殺技は?(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース

1位から34位
【聖闘士星矢】「黄金聖闘士」最強の必殺技を決めようぜ!【人気投票実施中】(投票結果) | ねとらぼ調査隊
ねとらぼ調査隊


引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1621162589/

アニメ漫画

【起源主張】韓国で鬼滅の刃の元になったとされる漫画の連載が始まる

1:風吹けば名無しID:iHvhiEggM
漫画タイトル「猟師:妖怪ハンター」
(1) 山で貧しく暮らす籠を背負った少年が主人公

(2)妖怪が人を襲う世界

(3)特に強い10人の妖怪は「十人鬼」と恐れられており、妖怪ハンターの「猟師」たちが妖怪せん滅のために戦っている

(4)主要武器は刀

(5)主人公は非常に優れた嗅覚を持つ


(6)妖怪に取りつかれた人間がいる

(7)彼岸花がキーアイテム


引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1617745463/

アニメ漫画

アニメ専門家「ラブライブを心の底から面白いと思ってる人はいない。性欲を満たすために見てるだけ」

1:風吹けば名無しID:gYzLAZ5XM
鬼頭由香里@アニメ専門家
ラブライブのようなアニメを心の底からおもしろいと思ってる人はいない。性欲を満たすために見ているだけ
652件のいいね

引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1613661553/

アニメ漫画

映画「えんとつ町のプペル」の絶賛記事作成バイト 1850文字以上で1記事19円 手数料で20%引き

1:和三盆 ★ID:rA67/9w69.net
東スポ
お笑いコンビ「キングコング」西野亮廣(40)が製作総指揮・原作・脚本を務める映画「えんとつ町のプペル」がまたまたネットで波紋を呼んでいる。
 同映画は大ヒットを記録しており、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞も受賞した。ネットではブログやSNSを通じて連日のように多くの感想がつづられている。
 しかし、中には〝サクラ〟とも判断されても仕方のないものも存在するようだ。大手クラウドソーシングサービスが「【えんとつ町のプペル】上映中の映画館に関する記事作成!」「『えんとつ町のプペル』の感想を募集しています!」「報酬目当てではなく、『プペルが面白かったから、ぜひみんなにシェアしたい』という気持ちをもった方向けのお仕事です」といった感想記事の作成の業務委託を複数掲載しているのだ。
 その報酬はというと、ある依頼では「1850文字以上の記事で19円」というなんとも厳しい条件。同サービスではシステム手数料として20%が引かれるというから、〝プペル絶賛〟の記事作成者が受け取れる金額はわずかに15.2円となる計算だ。
 この依頼内容がSNS上で広がると「1記事19円………涙が止まらん」「西野はホント金儲け上手いですよね」「お金をもらってプペルの記事を書けるなんて神案件」と衝撃を受けた声が多く上がっている。
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19702012/






引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1613438919/

タイトルとURLをコピーしました